サプリメントで楽々摂取|肝機能障害を防ぐ驚きの成分

症状がでる前に対処して

親子

肝機能障害とは、肝臓機能に障害がでている病気全般をさすものです。脂肪肝、肝炎、肝硬変などがその代表的なものです。肝臓は主に体内の解毒に関わる仕事をしています。アルコールやアンモニアなどを分解し、排出しやすくしたり、吸収しやすくしたりしているのです。肝臓は再生機能が強く、不調となってもなかなか症状がでてきません。沈黙の臓器ともいわれるのはこのためですが、その代わりに症状が出てきた頃には手遅れになっていることもあります。現代はストレス要因が多く、ストレスから過食や飲酒に走る人が多くいます。そのため肝臓に負担がかかることが多くなっています。肝機能障害の患者は増加傾向であり、日本人の四人に一人は肝機能障害を抱えているともいわれています。

肝機能障害はなかなか症状があらわれないという特徴があります。そのため、自覚症状がでたときには手遅れになっていることも少なくありません。そのような事態を防ぐには、血液検査などで肝臓の状態を定期的にチェックしておくことが重要です。もちろん、チェックするだけでなく、日頃から食生活などを注意しておかねばなりません。とはいってもいきなり日々の食生活やアルコールを制限したり変えたりするのはなかなか困難です。避けようのない飲み会が多いという人もいるでしょう。そのような場合はサプリメントなどで肝臓を労ってあげるとよいでしょう。肝臓によいのはタウリン、オルニチンなどです。これらはしじみに多く含まれていますが、サプリメントの方が手軽でおすすめです。

サプリと食事の両面で対策

サプリメント

ヘモグロビンa1cは、血中のヘモグロビンが糖と結合したものです。数値は安定することから、血糖値よりも正確な血糖状態を把握できます。この数値が高ければ、糖尿病などの備えを、低ければ貧血などの対策をとる必要があります。効果的な成分を、食事やサプリでしっかり取ることで、数値を下げることができます。

もっと見る

仕事などで疲れた時には

男性

長時間モニターなどを凝視していると、眼精疲労の症状が発生してしまいます。眼精疲労はドライアイの症状がある方にはとくにダメージになるので、きちんとした対策が必要です。ブルーベリーの成分が含まれたサプリメントなら、気軽に摂取できて眼精疲労に高い効果があります。

もっと見る

ホルモンバランスの乱れ

生薬

更年期には加味逍遙散という漢方が効き、自律神経とホルモンバランスを高めてくれます。女性特有の病気なので、男性は起こることがありません。生理によって循環されていたホルモンバランスを正すことにより家事や日常生活を送ることができます。

もっと見る