サプリメントで楽々摂取|肝機能障害を防ぐ驚きの成分

サプリと食事の両面で対策

サプリメント

血糖状態を正確に把握

アメリカやヨーロッパの糖尿病学会は、糖尿病の判断基準をヘモグロビンa1cにすることを推奨しています。そして、日本でも徐々にこの考え方が浸透してきています。なぜなら、ヘモグロビンa1cは、血糖値のように大食いや絶食により数値が変わらないからです。数値は1〜2ヶ月間ほどは、一定水準を保ちますから、血糖状態を正確に把握できます。ヘモグロビンa1cとは、血中の赤い色素ヘモグロビンが血糖とくっついたものです。通常ヘモグロビンは酸素と結合しますが、血中の糖が多い場合、糖と結合しヘモグロビンa1cとなります。なお、ヘモグロビンと糖は、急激に結合することはなく、時間をかけて結びつきます。このような性質から、数値が安定するのです。血糖値と同じく、採血で結果は判明しますが、食事制限は特にありません。基準値は、4.3%から5.8%とされています。数値が高い場合には、糖尿病や腎不全、異常ヘモグロビン血症が疑われます。一方で、低い場合も貧血や肝炎の可能性が出てきます。

効果的な栄養素とは

健康診断の結果として出たヘモグロビンa1cは、しっかり確認しましょう。軽く受け流してはいけません。数値が高めの方は下げる対策を、低めの方は血液を作る体質作りを行う必要があります。食事や運動療法での対応は、もちろん可能ですが、忙しい方はサプリを検討してみてください。ここからは、サプリについて確認していきます。まずは、血糖値を下げるサプリから確認します。特に効果が強いとされる成分にはサポニン、ピニトール、イヌリン、ALAなどが挙げられます。いずれも、糖質を効率よくエネルギー化したり、インスリンと同じような働きをするものです。一方で、ヘモグロビンa1cの数値が低い場合には、貧血の可能性が高いため、造血作用のある成分を取りましょう。成分としては、鉄分やビタミンB群、葉酸を積極的に取るべきです。いずれも、ヘモグロビンの合成に効果を発揮する成分です。最後に、サプリの活用はもちろん効果的ですが、言うまでもなく食事バランスあってのものです。どちらも大切にすれば、相乗効果で大きな効果が期待できます。健康のために、数値改善に努めましょう。